乳母の歴史

ミケーネ時代(3千年以上前)の粘土板に刻まれたミケーネ文字には、女奴隷集団内の乳母の記述がみられる。

日本における神話上の起源としては、『日本書紀』神代下の別説に、「彦火火出見尊が婦人を集め、乳母、湯母、飯かみ、湯人を決め、養育し、これが世の中で乳母を決め、子を育てることの始まりである」と記述している。

律令時代の日本では、一度に多産をした家には、朝廷から乳母一人を支給されていたことが、『続日本紀』などに記述されており、例として、文武天皇4年(700年)11月28日条、「大和国葛上郡の鴨君粳女が一度に2男1女を産んだため、(以下略)乳母一人を賜った」の他、和銅元年(708年)3月27日条には、「美濃国安八郡の人、国造千代の妻である如是女が一度に3人の男子を産んだので、稲四百束と乳母一人を支給した」などと細かに記録されている。

平安時代後期の院政期の院近臣らの中には、天皇上皇の乳母の縁故を通じて台頭した者もいた。

珍例としては、一条天皇の母である東三条院(詮子)の愛猫が長保元年(999年)9月19日に子猫(コマ)を生んだため、天皇は子猫に従五位下を与え、「馬ノ命婦」という五位の女官をその子猫の乳母に任じたと『小右記』に記述されている。これは一種のペットシッターといえる。

『和名類聚抄』(10世紀中頃)巻二「男女類」乳母の項目の表記として、「ちおも」は「知於毛」、「めのと」は「米乃止」と記される。

日本の場合、特に平安時代から鎌倉時代にかけて「めのと」と呼ぶ場合には「うば」よりも範囲は広く、「養育係」の意味もあり、女性だけではなく夫婦でそれに当たるケースが多い。例えば『奥州後三年記』の「家衡が乳母千任といふもの」などでは千任は男性である。また、養育係の男性を「傅」とも呼んだ。

乳母に世話を受ける養い子にとって、乳母の子供は「乳母子」「乳兄弟」と呼ばれ、格別な絆で結ばれる事があった。軍記物語においても、主人の傍に乳兄弟が親しく仕え、腹心として重宝される情景が少なからず描かれている(例:『平家物語』の木曾義仲今井兼平)。源頼家のように、乳兄弟(比企氏)を優遇したために実母方(北条氏)に疎まれるということもあった。

イスラム教圏では乳兄弟は特別な関係とされ、実の兄弟と同等とみなされる。このため、シャリーアでは乳兄弟にあたる男女の結婚を禁止しているほどである。

その関係は人外の伝承にもおよび人間がグールの母親の乳を吸うとグールと義兄弟となるという伝承がある。 



オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話

日本における女性学

日本において「女性学」という訳語を最初に用いたのは、井上輝子の1974年の報告書「アメリカ諸大学の女性学講座」においてである。井上はまた、同年、和光大学で日本における最初の女性学講座「女性社会学特講」を開講し、女性社会学研究会を設立した(1981年閉会)。1980年には『女性学とその周辺』を発表している(勁草書房)。アメリカ文学アメリカ文化研究の分野から女性学の導入に貢献したのは水田宗子である。彼女は南カリフォルニア大学で教鞭を執る傍ら、地域の複数の大学による女性学プログラム構築プロジェクトに参加し、この経験に基づいて日本女性学会の発足(1979年)に参加し、日本におけるフェミニズム批評を牽引した[15]。1970年代末には日本女性学会のほか、国際女性学会(現国際ジェンダー学会)、女性学研究会、日本女性学研究会などが相次いで設立された。『女性学年報』などのジャーナルや女性学・フェミニズムのコレクションも刊行され、大学においても2000年までに609の大学・短大で2456の女性学関連講座が開講された(国立女性教育会館調査)。

一方、ジェンダー研究等を含む女性学の学位を取得できる大学院は欧米には多数存在するが、日本ではお茶の水女子大学城西国際大学などに限られており(1996年(平成8年)4月、城西国際大学が日本で最初の女性学専攻の大学院を開設)、「高等教育での社会的ニーズがあるにもかかわらず、ジェンダー研究と教育の担い手は圧倒的に不足しており、本格的な人材養成が必要となっている」。これは、女性学を一つの学問領域として位置づけるか、あるいは他の学問領域における一つの研究方法という位置づけに留まるのかという問題に関わっている。

日本では特に、ジェンダー研究として発展している。

なお、女性学の歴史はフェミニズムの歴史と平行しているため、 



オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話

レディーファースト

レディーファーストとは、女性を尊重して優先させる欧米のマナーや習慣と思われているが、実際は女性が先に男性を迎える準備をしたり、先に退出して余計な会話や余計なことをしないなどの意味である。また、先に入口から入ったり、前面に立たせることで、急な銃撃の予防にしていたという説もある。

そのような、男性を尊重するためのレディーファーストという言葉が、近年では女性を尊重するという意味に変化してきている。 

女性の機嫌を取ることが男性の風俗としてはじまったのは、ローマ帝国時代とされる場合があるが、これは恋愛術または口説きの手法としてのものであり、これはレディーファーストとは直接の関係はない。

欧州におけるマナーの起源は、騎士階級のひとびとの道徳規範であった騎士道に求められる。騎士階級は富農身分や貴族身分の中からおこり、12世紀頃に独立した階級となり、世襲化した。長男はともかく、次男、三男は父の家督を継げる可能性はなかったので、戦功を挙げて主君に仕え、自分の城を手に入れようとする者も多かった。裕福な未亡人がいれば近づいて後釜に座ることもあった。また、若い騎士が主君の妻に恋愛感情をいだくこともあったし、主君もそれを家臣の引き止めのために利用しようとした。このように、実利的な動機によるとはいえ、貴婦人に対して奉仕するという騎士道の理念が成立した。

一方、動機を5世紀頃からはじまる聖母への崇敬に求める意見もある。この影響で、中世にはいると、少なくとも貴族の女性を崇高なものとして扱おうという傾向へ転じ、これを詩人や騎士が担ったとする。騎士道は11世紀のフランスに起こり、その精神と共に新たな生活風習がヨーロッパ各国に広まった。最盛期は1250年から1350年頃までとされる[5]。広く読まれた作法書としては、13世紀にカタロニアの言語で書かれ、英語、フランス語にも翻訳されたレーモン・ルル著『騎士の礼儀の書』があり、騎士の責任として、教会を守ることに次いで女性と孤児を助けることが挙げられている。 



オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

劣化

劣化(れっか)とは、物理的変化などにより品質や性能が損なわれたり、技術革新でより優れた製品が出現することにより、性能が相対的に低下する現象である。ヒトを含めて生物の場合は老化というが、芸能人などに対しても使われることもある。 

2007年に『なぜ日本人は劣化したか』を出版し、2014年には続編の『劣化する日本人 自分のことしか考えられない人たち』 を出した香山リカは、「劣化」という言葉について〈肥大する自己愛〉が原因で人間性が蝕まれる状況を指すとした。

「劣化」という言葉は、インターネット上では人間に対しても特に芸能人に対し、青年期の肉体から壮年期の肉体に移行し、または壮年期の肉体から老年期の肉体に移行することに伴う容貌の変化の意味で使用されるようになり、田中裕二は「あれ嫌い!劣化という言葉はクソきらい!」とラジオ番組で発言し、注目を集めた。

「年を取った」と言われるより厳しく聞こえるこの表現について、能町みね子は「『劣化』の対義語は『奇跡』」だとし、ネット上では「奇跡組」と「劣化組」が分類されてきていると指摘。辛酸なめ子は「劣化」と「奇跡」の境界線は「お姫さま感」だとし、苦労知らずな印象のある森高千里などが奇跡組であるとした。 

 



オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

婦人科学

婦人科学は、婦人科疾患等に関連する医学の分野の一つ。産科学と合わせて産婦人科学と称される場合が多い。場合により泌尿器科学と連携して治療にあたる。 

元々、女性に関連する特有の疾患を扱う分野として、19世紀初頭より発展してきた経緯を持つ。初期の頃は、診療というより「女性に関する医学的初期コンサルト」を担う分野として存在し、現在で言ういわゆる「女性総合診療部門」的な存在であった。そのため産科学が確立するまでは(帝王切開は外科学が担当)、その一部診療も担っていたため、明治以降日本でも「産婦人科学」が一般的な名称となってしまっていた。 



オーグ 下着オーグ 下着オーグ 電話オーグ 電話オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

ウィン・カンファレンス

ウィン・カンファレンス Women's International Networking Conference (WINConference)は、1998年にノルウェー社会起業家のパイオニアであるクリスティン・エングヴィグ(Kristin Engvig)により創設された事業である。ウィンとはWomen's International Networkingの頭文字をとってWINと書く。ウィン・カンファレンスは、独立した国際的な女性達のリーダーシップ組織で、フェミニンで本物の国際的方法によりリーダーをモデル化し、開発し、権限を与え、結び付けることを目的とした。国際的に働く女性や、女性のリーダーシップ、多様性やインクルーシブに積極的な企業にとっての参考資料と呼ばれている。グローバルリーダーシップフォーラム。女性のネットワーキングカンファレンス。 ヨーロッパの首都で毎年運営されている。 会議の焦点は、女性、女性のエンパワーメント、リーダーシップで  ガーディアンは、「Sisterhood 2.0」と名付けたトレンドの一部としてそれを説明している。 Financial Expressによると、この種のもので最大の会議の1つ。

設立者クリスティン・エングヴィグは 、1998年の会議ではミラノのパラッツォデッレステリーネ[7]やIBMセンターにてWINConferenceを開始、企業の女性や駐在員のグループと[8]、ビジネスマン、幹部、学者、 NGOの代表者などが参加。カンファレンスは、経営とビジネスにおける女性と、仕事と生活のバランスをとる方法についての研究も行っている。

会議は毎年開催され、2009年現在、世界中から約500人の参加者がある。 カンファレンスは、 Japan WIN Conference やWINConference Nigeriaなどのグローバルおよびローカル会議を主催。 会議が初めてインドで開催されたのは2013年。 2016年現在、グローバル会議には129の異なる国籍の13,000人以上の参加者が集まっている。 



オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

レズビアンの歴史

女性同性愛の最も古い記録は、おおよそ紀元前625~570年頃、古代ギリシアのレスボス島に住んでいた女流詩人サッポーとされている。レスボス島がレズビアンの、サッポーの名が「サフィズム」という女性同性愛を示す言葉の語源ともなっている。現代の学説では、サッポーが育んだ教え子である少女との友愛関係は、古代ギリシアにおける同性愛と同様のものとの提唱がなされている。また、レズビアンの関係については古代スパルタ人であるラケダイモン人の間においても一般的であった。プルタルコスは「淑女を性の対象とする女性の間においても、愛は尊重された」と記している。

古代中国史においてもレズビアンに関する詩や物語の記録が残されている。人類学者ライザ・ダルビーの研究によれば、平安時代の日本においてもレズビアンが社会的に受け入れられていたとされている。中世のアラビアにおいてはハーレムを構成する女性達の間での同性愛関係が記録されているが、ときにこれは弾圧された。一例を挙げると、当時の指導者ムーサ・アル・ハディは情交していた2人の少女に対し斬首刑を求刑している。

12世紀、Etienne de Fougèresは、当時のヨーロッパにおいて「まっとうな性」を歩もうとするレズビアン達のいかなる声をも拒絶する社会的な風潮を反映して、社交儀礼に関する自身の著書(Livre des manières, 1170年頃)の中で「雄鶏のふりをする雌鳥」と、レズビアンを嘲笑している。 



オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ