婦人科学

婦人科学は、婦人科疾患等に関連する医学の分野の一つ。産科学と合わせて産婦人科学と称される場合が多い。場合により泌尿器科学と連携して治療にあたる。 

元々、女性に関連する特有の疾患を扱う分野として、19世紀初頭より発展してきた経緯を持つ。初期の頃は、診療というより「女性に関する医学的初期コンサルト」を担う分野として存在し、現在で言ういわゆる「女性総合診療部門」的な存在であった。そのため産科学が確立するまでは(帝王切開は外科学が担当)、その一部診療も担っていたため、明治以降日本でも「産婦人科学」が一般的な名称となってしまっていた。 



オーグ 下着オーグ 下着オーグ 電話オーグ 電話オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

ウィン・カンファレンス

ウィン・カンファレンス Women's International Networking Conference (WINConference)は、1998年にノルウェー社会起業家のパイオニアであるクリスティン・エングヴィグ(Kristin Engvig)により創設された事業である。ウィンとはWomen's International Networkingの頭文字をとってWINと書く。ウィン・カンファレンスは、独立した国際的な女性達のリーダーシップ組織で、フェミニンで本物の国際的方法によりリーダーをモデル化し、開発し、権限を与え、結び付けることを目的とした。国際的に働く女性や、女性のリーダーシップ、多様性やインクルーシブに積極的な企業にとっての参考資料と呼ばれている。グローバルリーダーシップフォーラム。女性のネットワーキングカンファレンス。 ヨーロッパの首都で毎年運営されている。 会議の焦点は、女性、女性のエンパワーメント、リーダーシップで  ガーディアンは、「Sisterhood 2.0」と名付けたトレンドの一部としてそれを説明している。 Financial Expressによると、この種のもので最大の会議の1つ。

設立者クリスティン・エングヴィグは 、1998年の会議ではミラノのパラッツォデッレステリーネ[7]やIBMセンターにてWINConferenceを開始、企業の女性や駐在員のグループと[8]、ビジネスマン、幹部、学者、 NGOの代表者などが参加。カンファレンスは、経営とビジネスにおける女性と、仕事と生活のバランスをとる方法についての研究も行っている。

会議は毎年開催され、2009年現在、世界中から約500人の参加者がある。 カンファレンスは、 Japan WIN Conference やWINConference Nigeriaなどのグローバルおよびローカル会議を主催。 会議が初めてインドで開催されたのは2013年。 2016年現在、グローバル会議には129の異なる国籍の13,000人以上の参加者が集まっている。 



オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

レズビアンの歴史

女性同性愛の最も古い記録は、おおよそ紀元前625~570年頃、古代ギリシアのレスボス島に住んでいた女流詩人サッポーとされている。レスボス島がレズビアンの、サッポーの名が「サフィズム」という女性同性愛を示す言葉の語源ともなっている。現代の学説では、サッポーが育んだ教え子である少女との友愛関係は、古代ギリシアにおける同性愛と同様のものとの提唱がなされている。また、レズビアンの関係については古代スパルタ人であるラケダイモン人の間においても一般的であった。プルタルコスは「淑女を性の対象とする女性の間においても、愛は尊重された」と記している。

古代中国史においてもレズビアンに関する詩や物語の記録が残されている。人類学者ライザ・ダルビーの研究によれば、平安時代の日本においてもレズビアンが社会的に受け入れられていたとされている。中世のアラビアにおいてはハーレムを構成する女性達の間での同性愛関係が記録されているが、ときにこれは弾圧された。一例を挙げると、当時の指導者ムーサ・アル・ハディは情交していた2人の少女に対し斬首刑を求刑している。

12世紀、Etienne de Fougèresは、当時のヨーロッパにおいて「まっとうな性」を歩もうとするレズビアン達のいかなる声をも拒絶する社会的な風潮を反映して、社交儀礼に関する自身の著書(Livre des manières, 1170年頃)の中で「雄鶏のふりをする雌鳥」と、レズビアンを嘲笑している。 



オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

母親

母親(ははおや)とは、女親のことである。

お母さんと一般には言い、親しみをこめて「かあさん」・「かあちゃん」・「お袋」(おふくろ)などと呼ばれる場合もある。「母」という漢字の成り立ちは「女」に2つの乳房を加えた象形文字であり、子への哺乳者、授乳者であることを意味する。 お母さんという呼称を使う場面は、

    子が母親に呼びかけるとき
    母親が子に対して自分のことを指して言うとき
    夫が妻を言うときに子の母親として言うとき
    会話で他人の母親に言及する場合。「~のお母さん」

にも用いられる。2, 3の場合は、話者が子の立場に自らを擬して言うという特徴がある。4の場合はおば(いとこのお母さん)やいとこおば(はとこのお母さん)など傍系尊属にあたる女性を指す場合もある。

幼児語で母親のことを「ママ」ということがあり、「ママ」の語は別項目で述べるように母親のイメージから発展して意味が多様化していくことになる。

血縁関係上の母親は「実母」・「生母」、養子縁組による母親は「養母」、母親が死別または離婚し父親が再婚したが、母親と養子縁組をしていない場合は「継母」(ままはは)と称される。 


オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着

母性本能

母性本能とは、広義にはある種の生物の母親が種普遍的にもつ繁殖に関わる行動を引き起こす本能。狭義には未熟な状態で誕生し、一定年齢に達するまで保護者の養育なしに生存できない生物の雌親(母親)に見られる養育行動の反応および行動原理として存在するとみなされる本能のことである。

この語は学術用語ではなく、通俗的に使用されている。したがってその定義は非常に曖昧である。以下のような特徴を持つものといわれる。

    自分の生命よりもわが子の生命を優先しようとする。
    人類の場合、一定年齢に達しても、自立が困難と判断されれば、限定あるいは無限定に母性本能が注がれるとされる。また人間飼育下でまれに、自然界ではごくまれに、鳥類及び哺乳類が別種の生物の子供を育てようとすることがあるが、これは母性本能の発動であると見なされることがある。

実際には、母親の子に対する振る舞い、母と子の関係は種によって大きく異なる。また同じ種であっても母親の行動は条件戦略的に柔軟に変化する可塑性を持つ。またその行動は少なくとも鳥類と哺乳類では学習と経験によって変化し、固定的ではない。 



オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

電話機

現代において普及しているスマートフォン等の携帯型無線電話機も電話機の一種だが、本項では、持ち運びしないで運用する電話機(いわゆる「固定電話」)を中心に解説する。

電話機の基本の要素は、音声を電気信号に変換するマイクロフォン(マイク)および電気信号を音声に変換するスピーカーである。他に、着信を知らせる振鈴装置も備える。20世紀なかばに自動交換機が普及するとともに、電話番号を入力する装置も加えられた。

初期の電話機は技術的には多様だった。1890年代には「ロウソク型」と呼ばれる電話機が登場した。20世紀前半までは通話相手を指定するには、まず交換手を呼び出し、交換手に向かって自分の声で相手の番号を言い、局内で手作業で回線を繋いでもらった。電話局の交換手を呼ぶために電話機の箱の側面などに回転式ハンドルがついていた。

20世紀なかばころに交換手を必要としない自動交換機が電話局内で設置されてゆくとともに、各家庭や事務所では回転ダイヤル式の黒電話が普及し一般化した。これは電話番号の数字に相当する穴に指を入れてストッパーのところまで回転させ指を抜くと、回転ダイヤルがバネじかけで元の位置に戻る時にパルス状の信号が発信され電話局内の自動交換機に数字1ケタが伝わり、その動作を電話番号の桁数だけ繰り返すことで自動交換機が指定された電話番号の相手に自動的に繋いでくれる、というものである。回転ダイヤルを回して指を抜くたびに「じーこ」などという音がし、耳に当てた受話器からは「ブツブツブツ...」という断続音(=パルス)が聞こえるものである。

さらに後にプッシュボタンが配置されたトーンダイヤル式の電話機も普及した。これはパルス状の信号の代わりに、ある音程(トーン)の音を(2つ)組み合わせて電話局の自動交換機に伝送することで電話番号の1桁相当の情報を伝える方式であり、耳にあてた受話器からは「ピ・ポ・パ」などという音が聞こえるものである。回転ダイヤル式よりもすばやく電話番号の全桁を入力できるという特徴がある。

近年では、固定電話機についてはナンバーディスプレイ機能を備えたもの、コードレス式のもの、子機を増設できるもの、ファクシミリ機能を備えたもの、等々もあり、それらのいくつかをさまざまに組み合わせた多種多様な電話機も販売されている。

一方で、移動式電話(携帯電話)の開発および普及も進み、サイズや重さが次第に小さくなり、1980年代前半には弁当箱以上のサイズでずっしりと重かったものが1990年代にはポケットに入るサイズで軽くなっていった。携帯電話を所有する人の割合が増えてゆくとともに価格も下がり所有に加速がかかり、ついには携帯電話の台数が固定電話の台数を抜いた。

2009年末時点での電話機の台数は、全世界で60億台弱で、内訳としては固定電話が12億6000万台、携帯電話が46億台という割合になっていた。



オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話

非常電話とは

非常電話(ひじょうでんわ)とは、非常時の緊急通報を使用目的とする、電話による通信設備。特に道路交通関連分野の非常電話は、事故や車両の故障を主とする緊急事態を管制施設に通報することを使用目的とする設備である。

日本の場合、都市間高速道路では約1 km間隔、トンネル内では約200 m間隔(都市内高速道路はトンネル内100 m間隔、それ以外は50 m間隔)に設置されている。インターチェンジ、サービスエリア・パーキングエリア、非常駐車帯などにも設置される。

電話の発信方法には2種類ある。受話器を上げると直接、高速道路の場合は高速道路会社が設置した道路管制室(管制センター)、国道・一般道路の場合は管轄する国道事務所などの道路管理者・警察等につながり、発信地点が管制室などに通知されるので発信者が事態を直接報告するものと、ピクトグラムに描かれた「故障」・「事故」・「救急」・「火災」のいずれかのボタンを押すことで事態のおおまかな内容を管制室で把握することができるタイプとがある。ただし、両機種ともに一般の固定電話や携帯電話などに直接かけることはできない。

非常電話での連絡には、通報している場所(非常電話の通し番号など)、故障か事故かの区別、事故車の停止している位置(本線車線か路側帯かの区別)、けが人の有無などを伝える。

名神高速道路は開通当初、トンネル内部を除き事故・故障などの対応連絡は交通パトロールに行うこととなっていた[4]。 日本ではじめて非常電話を路線全体に設置したのは1965年(昭和40年)12月の第三京浜道路開通時である。交通パトロールを減らすことを目的に実施され、名神高速道路での全線設置に向けた試行の側面もあった。 非常電話設置の取り組みは当初の予想以上の利用があり、また社会的に好評であった。そのため、1966年(昭和41年)に名神高速道路にも導入された[4]。このとき、通話先を警察・消防・JAF・公団事務所の4ヶ所をそれぞれワンタッチで選択する「分散方式」が用いられたが、すぐに管制室で全ての受信を受け付ける「集中受付方式」に変更された。



オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話